Robin Knows

b0234690_11160678.jpg
ちょうど1年前のストラットフォード・アポン・エイボンの写真




b0234690_11163170.jpg
関東平野部と比較して1か月先の気候と言える




b0234690_11164196.jpg
ストラットフォード・アポン・エイボンの街中から麦畑へと続くフットパス




b0234690_11170853.jpg
英国の偉大な劇作家 ウィリアム・シェイクスピアのお墓がある
ホーリートリニティー教会のチャーチヤードのロビン
あなたのご先祖様は知っているんでしょ


b0234690_11175195.jpg
シェイクスピアにゴーストライターがいたのかどうか




b0234690_11173914.jpg
いたとしても 町には観光客が絶えずやってきていたし




b0234690_11165778.jpg
そのことによってこの町がさびれるとかほとんど関なく
きっとこれからもシェイクスピアにかかわる様々なイベントは年続くって


[PR]

by shidekubo | 2016-10-11 12:15 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)

ストラットフォード・アポン・エイボンの競馬場

b0234690_08533317.jpg
ワンちゃんがお散歩しているのは


b0234690_08534453.jpg
競馬場のど真ん中


b0234690_08540167.jpg
競馬場なんて日本でも行ったことがなく
ましてやお馬さんが走るレーストラックの真ん中に立つなんてちょっと興奮

b0234690_08541436.jpg
誰でも初めての地に行った時の喜びとか満足感とか新発見とか
あんな感じ

b0234690_08542421.jpg
こちらストラットフォード・アポン・エイボンにある


b0234690_09154660.jpg
3月から10月までの間に18回のレースが組まれている


b0234690_09155698.jpg
私が驚いたのは レースの合間に
一見 近所のフツーのおばさんが

b0234690_09160327.jpg
障害物や地面を まるでガーデニングでもしているようにならしていたこと


b0234690_08543504.jpg
地図の赤い道路より右上がストラットフォード・アポン・エイボンの街中
黄色い点線がパブリックフットパス
競馬場のど真ん中を突っ切っているのがおわかりいただけるでしょう
以上が去年の9月 イギリスで撮影した写真
b0234690_09022258.jpg
現在の日本の9月の写真は 雨 雨 雨
今朝みたテレビのお天気ニュースで言っていたけど
この秋雨前線て10,000kmも伸びているって
なにそれ! って感じ

でもあの暑さは少し和らいできているので気温的には過ごしやすい
夏は暑かったけれど 蚊にも刺されまくった
いつも汗をかいて体中ベトベト感があったからよけいかもしれないが
この前涼しくなってから 汗かいてないのに
電車の中で蚊に刺されたときはショックだった



[PR]

by shidekubo | 2016-09-22 09:51 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(2)

ムナフヒタキと出会った町

b0234690_13250729.jpg
日本名 ムナフヒタキというこの鳥に出会ったおかげで
去年の夏はストラットフォード・アポン・エイボンに通い詰め
町のあらゆるカフェ・レストランを食べつくす勢いだったが
それでも全体の半分も網羅していないだろう


b0234690_13252263.jpg
8月下旬 イギリスの野鳥ガイドに書いてあった通り
ムナフヒタキは越冬地 西アフリカに向けて南へと旅立っていったようだ




b0234690_13253516.jpg
8月下旬のホーリートリニティー教会 日本なら10月くらいの光景か
それに引き換え現在の日本は9月上旬 気温はまだ30℃越え
おまけにまた台風がくるらしい ついさっきは震度4の地震があったし



b0234690_13254625.jpg
そう言えばイギリスでは地震がほとんどない
滞在している間に震度2くらいの揺れを記録した時が1度だけあった
日本のように頻発していたら レンガや石作りの建物が
あれほど残っているはずないもの


b0234690_13260290.jpg
それでムナフヒタキがストラットフォード・アポン・エイボンから姿を消す頃には
普通は海外からの観光客があまり足を運ばない




b0234690_13262682.jpg
農耕地とか いわゆる地元の人々が普段行くようなところにまで




b0234690_13263887.jpg
被写体を求めて行くようになっていたのだった



[PR]

by shidekubo | 2016-09-07 14:05 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)

Il Moro

b0234690_21105032.jpg
ストラットフォード・アポン・エイボンにあるサルディニア料理のレストラン


b0234690_21103735.jpg
サルディニアってどこの国? と調べたらイタリアだったのか
私が住んでいた小さな町では貝殻が付いた状態のパスタを出すレストランが
ほとんどなかったのだ でも思ったほど魚介の風味が感じられず残念

b0234690_21110340.jpg
リゾットの方が正解だったかもしれない



b0234690_21111485.jpg
デザートは日本で言うフォンダンショコラ
このレストランではチョコレート・メルトと表記されていた
私はこの手のデザート 大好きである


b0234690_21112733.jpg
写真は去年のメニュー 今年のはビミョーに違っているようだ



b0234690_21123400.jpg
いつもはランチなのにこの時は夕食だった



b0234690_21124774.jpg
週末は電車の本数が少なく直通電車もない



b0234690_21125953.jpg
一旦レミントン・スパ駅まで行き そこでバーミンガム方面の電車に乗り換える
待ち合わせの時間もかかるが なぜか私はこの駅のプラットホームが大好きなので
全然苦にならない 
この時だって夕日の写真を撮るためにホームの一番端っこまで行って 
そのあと花を入れてホームを撮るために反対側のホームに行って
b0234690_21130871.jpg
電車が到着したら人々の様子を写真に撮って・・・・・
やはり私は電車派だなあ




[PR]

by shidekubo | 2016-08-30 22:00 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)

The Garden Cafe

b0234690_23132294.jpg
カフェ レストランの激戦区 ストラットフォード・アポン・エイボンのSheep Street


b0234690_23135593.jpg
その19番地に位置する The Garden Café 


b0234690_23133938.jpg
ここ私の大のお気に入り
これは Dunnock~ヨーロッパカヤクグリという鳥

b0234690_23141864.jpg
お茶はモロカン・ミントティー
このあたりはお茶の抽出時間を正確に測るのに

b0234690_23140880.jpg
砂時計をも行って来てくれる そういうのがトレンドなの?
24番地にある The Fourteas でもそうだったよ

b0234690_23143973.jpg
この辺りではめずらしく キーライムパイ
私 酸味系けっこう好きかも

b0234690_23150987.jpg
お茶の後はガーデンの更に奥をちょっと散策


b0234690_23145043.jpg
作りは本当に普通の家のバックガーデンそのまんま


b0234690_23152273.jpg
この席でもよかったかも


b0234690_23153270.jpg
表のSheep Street 何?! このガラッと雰囲気変わるにぎわい
それもそのはず 前記事のフード・フェスティバルの日だったから
Sheep Street も歩行者天国状態

ランチはストリートでストリートフード食べたので
お茶はゆったりとした気分でいただいたのであった



[PR]

by shidekubo | 2016-08-25 13:47 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)

フード・フェスティバル

b0234690_20142338.jpg
ストラットフォード・アポン・エイボン フード・フェスティバル
去年の9月上旬ころの写真



b0234690_20144362.jpg
イギリス どこの町でも9月になるとフード・フェスティバル等
食べ物のイベントが始まる



b0234690_20150166.jpg
2枚目の写真の料理と色は同じだが具は違うのである
モロッコ風の料理の屋台で



b0234690_20151628.jpg
ひよこ豆 野菜炒め お肉 と3種類バランス良く選んだかな
日本に戻ってから北アフリカ・地中海料理のレストランて
なかなか見かけない 食べたかったら自分で作れということ
イギリスで日本食 食べたかったら自分で作るのと同じことか!

b0234690_20152837.jpg
大きな風船とばしていたので追いかけて




b0234690_20154025.jpg
バルーンにハクチョウ入れたぞ!




b0234690_20155355.jpg
フェスティバルは楽し




[PR]

by shidekubo | 2016-08-23 20:40 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)

ギャリック・イン

b0234690_12132522.jpg
ストラットフォード・アポン・エイボンで一番古いと言われているパブ



b0234690_12133708.jpg
建物が建てられた詳しい年代はわかっていないらしいが
Wikiによれば1596年頃と考えられており
部分的には14世紀頃にまでさかのぼるとされているらしい
ストラットフォード・アポン・エイボンでもっとも古い建物の一つということ

b0234690_12122859.jpg
その後増改築を経て現在に至る




b0234690_12124124.jpg
この手のレストラン・パブは柱などの木枠を魅せる内装が多いって




b0234690_12111570.jpg
庶民の味方パブのメニューはお手頃価格なのが魅力




b0234690_12114579.jpg
スペシャルメニューも用意してはあるがせっかくなのでやはりこれ




b0234690_12125986.jpg
トラディショナル フィッシュアンドチップスで十分




b0234690_12131356.jpg
地元のパブではタルタルソースまでは付いてこない
(場所にもよるがまあ一般的に 地元は観光地でもないので意識低い系?)



b0234690_12134950.jpg
現在のメニューには 和牛バーガー なんてのも載っていた
まだイギリスにいたら それ食べに行ってたかも



[PR]

by shidekubo | 2016-08-19 13:16 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(2)

ハフキンス

b0234690_21575772.jpg
Huffkinsはコッツウォルズを中心に5店舗を展開するティールーム&ベーカリー



b0234690_21580871.jpg
ティールーム激戦区のストラットフォード・アポン・エイボンに進出したのは去年の6月
(ストラットフォード・アポン・エイボンはコッツウォルズから外れている)


b0234690_21581904.jpg
コッツウォルズのバーフォードのお店が始まりで
名前だけは聞いたことがあったのですごく興味があった


b0234690_21583984.jpg

これは去年の8月に行った時の写真だがこの日で3度目だったと思う
ワイルドライフ系ブログのほうで取り上げた

b0234690_21585121.jpg

それまで食べたことのないメニューを と思い 
Cotswold Rarebit~コッツウォルズ・レアビットなるものをチョイス 
どんな具材で何が出てくるのかまったくわからなかった
・・・・・と 初めて見て ”何ですか これ?” というのが第1印象

ちょい焦げトーストにチーズベースのソースらしきものがかかっていて
それがさらにグリルしてあるような
もとは Welsh Rarebit と言うそうで ウェールズで食べられていた料理に由来するらしい

スコッチ ウェルチ イングリッシュなど地方のバリエーションもあるようで
ハフキンスはもともとコッツウォルズにあるお店だから
コッツウォルズ・レアビットと命名したんでしょ?
お味は・・・・・ビミョー

(注:それまでに ウェルシュ・レアビット という料理を食べたことがなく
後にも先にもレアビットを食べたのはこの時だけだったので
他のお店のものと比較することもできないのだが)

もう1度食べたいかと聞かれると たぶん他の料理を注文するだろう
時にはハズレることもある 
でもバーフォードにある Huffkins そのものは
コッツウォルズ地方では有名なお店らしいですよ



[PR]

by shidekubo | 2016-08-03 10:39 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)

チャーチストリート・タウンハウス

b0234690_08435392.jpg
ストラットフォード・アポン・エイボン Church Street Townhouse
(16 Church Street、Stratford-upon-Avon、CV37 6) 
レンガの壁に立てかけてある大きな看板 いつも気になっていた
b0234690_08442405.jpg
ホテルのレストランなので何となく入りずらいみたいなのがあって


b0234690_08441343.jpg
場所はシェイクスピアの学び舎 現キングエドワード6世スクールの真ん前


b0234690_08444680.jpg
意を決して入ってみた 窓からの眺め


b0234690_08445781.jpg
Looというトイレを意味する表現 イギリスに行って初めて知った言葉


b0234690_08451483.jpg
この時のランチは


b0234690_08453075.jpg
思い切って3コースに 去年のメニューで19.00ポンド↑
だが今年のサイトを見たら 17.50ポンドに値下がりしているではないか!

b0234690_08454355.jpg
b0234690_08460411.jpg
スターターはピーチのロースト ゴートチーズ ハト麦のサラダ
日本の近所のスーパーではゴートチーズなんてお目にかかれない

b0234690_08461493.jpg
b0234690_08462543.jpg
メインはポークの炭火焼きと野菜


b0234690_08463579.jpg
b0234690_08464629.jpg
デザートにクレーム・ブリュレーとショートブレッド
セットメニューのデザートには必ずと言っていいくらい
どのレストランでもこれ入っている 
まあ選択肢が少ないから仕方ないのだ
でもちょい焦げのカラメルと日本で言うプリンの組み合わせは
何て んめえ おいひい ヤバい まいう~!




人気ブログランキングへ
[PR]

by shidekubo | 2016-07-28 22:26 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)

ギグリング・スクイッド


b0234690_15574336.jpg
Giggling Squid 23 High Street
Stratford-Upon-Avon CV37 6AU
直訳すると ”クスクス笑っているイカ” とでも言うのだろうか?
b0234690_15555058.jpg
ナプキンの色からして 何やらエスニックムード

b0234690_15562327.jpg
いかにも タイレストランである
こちら具材はトムヤムと同じで スープにココナッツミルクを使ったトム・カー

b0234690_15563656.jpg
これは去年のメニューだが ベビー・スクイッドに詰め物をして

b0234690_15565820.jpg
野菜と炒めた一品料理 イカめしのミニチュア版みたいな
Squidがレストラン名になっているくらいだから やはりイカ料理を食べなくては!
b0234690_15564613.jpg
ジャスミンライスに

b0234690_15575683.jpg
定番サラダのパパイヤ これがちょっとピリ辛

b0234690_15582607.jpg
エビと野菜の炒めものなども追加して ”晩ご飯” の完成

b0234690_16200349.jpg
このレストランのすごいところは 土曜日の夕方行ったら
予約がいっぱいだとまず言われる 
b0234690_15571680.jpg
その後 1時間ならOKだとか時間制限を設けて
次から次へとお客さんを入れてしまう
b0234690_15583964.jpg
プレシアターとメインの予約の間の時間帯なら

b0234690_15585459.jpg
OKってこと


[PR]

by shidekubo | 2016-07-25 18:17 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)