タグ:ティールーム ( 2 ) タグの人気記事

ハフキンス

b0234690_21575772.jpg
Huffkinsはコッツウォルズを中心に5店舗を展開するティールーム&ベーカリー



b0234690_21580871.jpg
ティールーム激戦区のストラットフォード・アポン・エイボンに進出したのは去年の6月
(ストラットフォード・アポン・エイボンはコッツウォルズから外れている)


b0234690_21581904.jpg
コッツウォルズのバーフォードのお店が始まりで
名前だけは聞いたことがあったのですごく興味があった


b0234690_21583984.jpg

これは去年の8月に行った時の写真だがこの日で3度目だったと思う
ワイルドライフ系ブログのほうで取り上げた

b0234690_21585121.jpg

それまで食べたことのないメニューを と思い 
Cotswold Rarebit~コッツウォルズ・レアビットなるものをチョイス 
どんな具材で何が出てくるのかまったくわからなかった
・・・・・と 初めて見て ”何ですか これ?” というのが第1印象

ちょい焦げトーストにチーズベースのソースらしきものがかかっていて
それがさらにグリルしてあるような
もとは Welsh Rarebit と言うそうで ウェールズで食べられていた料理に由来するらしい

スコッチ ウェルチ イングリッシュなど地方のバリエーションもあるようで
ハフキンスはもともとコッツウォルズにあるお店だから
コッツウォルズ・レアビットと命名したんでしょ?
お味は・・・・・ビミョー

(注:それまでに ウェルシュ・レアビット という料理を食べたことがなく
後にも先にもレアビットを食べたのはこの時だけだったので
他のお店のものと比較することもできないのだが)

もう1度食べたいかと聞かれると たぶん他の料理を注文するだろう
時にはハズレることもある 
でもバーフォードにある Huffkins そのものは
コッツウォルズ地方では有名なお店らしいですよ



[PR]
by shidekubo | 2016-08-03 10:39 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)

The Fourteas のアフタヌーンティー

b0234690_08443120.jpg
ストラットフォード・アポン・エイボンで人気の 
レストラン パブ ティールームがひしめくSheep Street 

b0234690_08445994.jpg
その24番地にあるのが The Fourteas


b0234690_08470703.jpg
1940年代をコンセプトにしたティールームで


b0234690_08451882.jpg
アフタヌーンティーをいただくことに
最初に紅茶と砂時計がテーブルの上に これで5分経ったらどうぞって

b0234690_08452710.jpg
続いておなじみの3段トレー


b0234690_08460201.jpg
これで1人分 この時(去年)は13.50ポンドだったが
今年のメニューを検索したら 14.00ポンドに値上がりしていた

b0234690_08461178.jpg
私の場合はこれがランチ ガイドブックに書いてある通りサンドイッチからいただくと


b0234690_08462301.jpg
ここでもうギブアップになってしまうから


b0234690_08463473.jpg
地方のアフタヌーンティーは覚悟して行くべし
行ったのは去年の8月だけど なぜかジンジャーブレッドマンがいる
(クリスマスのイメージがあったもので)
b0234690_08464690.jpg
5分経ったのでポットの中の茶葉を引き上げる


b0234690_08465569.jpg
こちらのティールーム お店の人が1940年代のコスチュームを着ている
シェイクスピア以外のちょっとした演出を楽しみたい人におススメ




にほんブログ村


人気ブログランキングへ

[PR]
by shidekubo | 2016-07-19 09:58 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)

被写体求めて "どんぐり目線" でイギリス探検


by shidekubo
プロフィールを見る