タグ:ランチ ( 3 ) タグの人気記事

秋の兆し

b0234690_11013883.jpg
先週 イギリスで知り合った日本人の動物写真家の人が
銀座で写真展をやっているとのことで見に行った帰り
お昼を東京駅付近で食べようと思って歩いていたら
味噌汁専門店なるものを発見 ”美噌元” 





b0234690_11155666.jpg
場所は東京駅のステーションホテルの真ん前にある 
KITTE というビルの地下1階 







b0234690_11012587.jpg
ご飯メニューもあって わたしはとろろご飯と
選べる味噌汁の中から お豆腐 ごま豆腐のお味噌汁のセット
お味噌汁の椀の方がご飯の椀よりも大きい
具材にはオクラ モロヘイヤ(っぽい葉物野菜)とろろ昆布など
ネバネバ系がたっぷり 夏の終わりの疲れ切った体に良さそう
お値段は1,080円 
ティット 丸の内OLさんたちに囲まれてランチ



b0234690_11010478.jpg
さらに先週末はお彼岸ということもあって 
身内が集まってごはんを食べに行ったが
メニューは高齢者がいると和食系に絞られてくる 結局お寿司屋さん
タッチパネルでオーダーしてから職人さんが握ったお寿司が
専用レーンで届く新しいジャンルの回転寿司 なのだそうだ
この日はどーんとまぐろ尽くし 串カツもまぐろ 
鉄分補給よ 健康のため(すごい言い訳)


b0234690_11004773.jpg
でもちょっと違った味も と思いホタテバターも追加
焼いたのが出てくるのかと思ったら自分で焼くんだって
さすがにこれは専用レーンではなく 店員さんが運んできた






b0234690_11003318.jpg
月曜日は胃の安息日として お粥の日のはずが
アボカドの入った生春巻きが目に留まり
ベトナム料理のフォーランチを食べてしまった
野菜たっぷり フォーの中には豚の角煮と揚げナス
レタス もやしなど 全体的にお野菜たっぷり

イギリスでもベトナム料理のお店はあるけど
フォーの具材はここまで充実していない

この食欲 秋の兆しか



[PR]

by shidekubo | 2017-09-26 12:09 | 食べ物探検 | Trackback | Comments(0)

珈琲店のランチ

b0234690_15012362.jpg
先週末 埼玉県内を通る武蔵野線の新三郷駅からすぐのところにある
コメダ珈琲店というお店に初めて行った
名古屋が発祥の地だそうで お店に行ったことのある人が自慢そうに話す
何でもモーニングサービスのドリンクをオーダーすると
たまごペーストや小倉あんとトーストがタダで付いてくるらしい

b0234690_15014204.jpg
でもこの時はランチタイムだったので味噌カツサンドを頼んだ
パッと見 10cm×15cmくらいありそう
このパン わざわざカツのサイズに合わせて作ってあるの?
それともパンのサイズに合わせてカツを作ったの? どっちにしろ大きい


b0234690_15015173.jpg
でも食べ物は1品しか頼まなかったので簡単にイケると思った





b0234690_15020101.jpg
味噌カツは名古屋の名物だそうで 
個人的にはもっと味噌たっぷり塗ってもらってもよかったかと




b0234690_15020941.jpg
お肉やわらか 美味しい じっくり味わって食べていたら・・・・・
2切れ食べたところでかなり満腹感が来てしまい
3つめをようやく食べきったといった状態 
珈琲店のランチを甘くみていたのがいけなかったかも
お腹パンパン 苦しい~ 



[PR]

by shidekubo | 2017-01-12 18:20 | 食べ物探検 | Trackback | Comments(0)

ハフキンス

b0234690_21575772.jpg
Huffkinsはコッツウォルズを中心に5店舗を展開するティールーム&ベーカリー



b0234690_21580871.jpg
ティールーム激戦区のストラットフォード・アポン・エイボンに進出したのは去年の6月
(ストラットフォード・アポン・エイボンはコッツウォルズから外れている)


b0234690_21581904.jpg
コッツウォルズのバーフォードのお店が始まりで
名前だけは聞いたことがあったのですごく興味があった


b0234690_21583984.jpg

これは去年の8月に行った時の写真だがこの日で3度目だったと思う
ワイルドライフ系ブログのほうで取り上げた

b0234690_21585121.jpg

それまで食べたことのないメニューを と思い 
Cotswold Rarebit~コッツウォルズ・レアビットなるものをチョイス 
どんな具材で何が出てくるのかまったくわからなかった
・・・・・と 初めて見て ”何ですか これ?” というのが第1印象

ちょい焦げトーストにチーズベースのソースらしきものがかかっていて
それがさらにグリルしてあるような
もとは Welsh Rarebit と言うそうで ウェールズで食べられていた料理に由来するらしい

スコッチ ウェルチ イングリッシュなど地方のバリエーションもあるようで
ハフキンスはもともとコッツウォルズにあるお店だから
コッツウォルズ・レアビットと命名したんでしょ?
お味は・・・・・ビミョー

(注:それまでに ウェルシュ・レアビット という料理を食べたことがなく
後にも先にもレアビットを食べたのはこの時だけだったので
他のお店のものと比較することもできないのだが)

もう1度食べたいかと聞かれると たぶん他の料理を注文するだろう
時にはハズレることもある 
でもバーフォードにある Huffkins そのものは
コッツウォルズ地方では有名なお店らしいですよ



[PR]

by shidekubo | 2016-08-03 10:39 | シェイクスピアの町探検 | Trackback | Comments(0)