人気ブログランキング |

フェンスが壊れた時は

フェンスが壊れた時は_b0234690_09145443.jpg
イギリスに住んでいた時の話の続き
ガーデンに向かって右側のお隣さんに一番お世話になった








フェンスが壊れた時は_b0234690_09151672.jpg
ある嵐の翌日 フェンスが強風でこんなことに







フェンスが壊れた時は_b0234690_09152721.jpg
とりあえずこれ以上倒れないようにロープで縛って







フェンスが壊れた時は_b0234690_09154482.jpg
お手製レンガのBBQ台に縛り付けてから
お隣さんにどうしたらいいか相談に行ったら






フェンスが壊れた時は_b0234690_09155635.jpg
どうもこちら側のフェンスはお隣さんの受け持ちのようで
ハンディーマンと呼ばれる便利屋さんを頼んで修理してもらった
うちの出費はゼロ





フェンスが壊れた時は_b0234690_09161127.jpg
ということは反対側のフェンスが壊れたら 
これはこちらの担当ということ
この辺りではそんな取り決めがなあるみたいだった


by shidekubo | 2020-05-27 09:30 | ガーデン探検 | Trackback | Comments(0)

良い隣人

良い隣人_b0234690_15034570.jpg
イギリスに住んでいた時の話の続き
ガーデンに向かって左側に住んでいたお隣さんは
当時5年ほど前に奥さんを亡くして一人暮らしだったと
右側のお隣さんが教えてくれた

事あるごとに身内の人たちが集まって
ガーデンでパーティーをしたりしてにぎわっていたので
そんなに寂しくはなかったみたい
良い隣人_b0234690_15040170.jpg
そのお隣さんはガーデニングの達人
ワスレナグサを放っておくと手が付けられなくなるよ と
教えてくれたのも そのお隣さん

見てよ ロックガーデンなんかも手掛けちゃって
冗談でなく本当に 隣の芝生は青いのだ


良い隣人_b0234690_15041312.jpg
そのお隣さんのガーデンも細長くて 奥に行くと
まあ なんて風情のあるゲートだこと!
この一角に家庭菜園スペースを設けていて
一番奥には ガーデンゴミを処理するスペースなどがあったようだ




良い隣人_b0234690_15042606.jpg
自分にはロックガーデンなんてとうてい無理だけど 以前から気になっていた
無数のプランターを とりあえず1か所に集めてレンガで囲ってみた
段差などをつけてみたら もっと見栄えがしたのかな? 





良い隣人_b0234690_15044566.jpg
ある日 そのガーデニングの達人のお隣さんの家の上に虹が出た
右側のお隣さんも 左側のお隣さんも 良い隣人だった


by shidekubo | 2020-05-19 15:31 | ガーデン探検 | Trackback | Comments(0)

ガーデンの一番奥

ガーデンの一番奥_b0234690_14442540.jpg
この向こうには何があるの?
手作り感満載のフェンスを開けて
入ってみると・・・・・









ガーデンの一番奥_b0234690_16054005.jpg
一面のワスレナグサ










ガーデンの一番奥_b0234690_15551916.jpg
これはFoxgloveとか ジキタリスとか呼ばれる植物らしい









ガーデンの一番奥_b0234690_16583109.jpg
そしてブルーベル










ガーデンの一番奥_b0234690_16584515.jpg
これは Garden shed と呼ばれる物置小屋
ガーデンの一番奥 イギリスに着いて早々 このようなものが目をひいた

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

人気ブログランキング

by shidekubo | 2020-05-05 17:09 | ガーデン探検 | Trackback | Comments(0)

終わった

終わった_b0234690_06415156.jpg
11月1日 外出から戻って来た時の部屋の温度計は27℃あった
閉め切ってあったので予報気温よりも高くなっていた様子

11月2日 終わった 負けたEngland 強かった南アフリカ
テレビで見た海外の観客がみんな必勝ハチマキしていたので
もうひとつやっているワイルドライフ系ブログ

のナビゲーターの ティット用にハチマキを作ってみた
とにかくサイズが小さいので布ではなく
マスキングテープの幅をさらに半分に切って 手書きで何とかそれらしく



終わった_b0234690_06420822.jpg
ちなみにこちらの写真は2015年 
まだイギリスに住んでいた頃の地元のアイリッシュパブ
前回のラグビーワールドカップ期間中はこんな感じ









終わった_b0234690_06422014.jpg
基本のブレックファーストは 3.99ポンド(当時の価格)












終わった_b0234690_06423287.jpg
現在は4.50ポンドほどになっているみたい











終わった_b0234690_06432741.jpg
毎年11月ころに日本に里帰りしていたので
お土産用にと ワールドカップのグッズを用意

自分用にはウェブエリスカップのマグネット栓抜き
帽子とマフラーを身内用に買ったのだが
どうも使っていないらしく 








終わった_b0234690_07392266.jpg
先日さくらちゃんのお家に行った時に
タンスの中を捜索したら











終わった_b0234690_07394669.jpg
何とタグの付いたままの状態の帽子を発見
一応念のため ”これかぶらないの?” と聞いたら
”こんなにぎやかなのはかぶれねえ” とのこと
つまり使わないようだったのでもらってきた
まあ記念の品ということで手元に置いておくことにした



by shidekubo | 2019-11-03 07:54 | 食べ物探検 | Trackback | Comments(2)

ストーンヘンジの駐車場にて

ストーンヘンジの駐車場にて_b0234690_16490956.jpg
厳密に言うとしばらく前のイギリスの記事の続き
ソールズベリーで1泊した後に向かったのがストーンヘンジ
だだっ広い牧草地の間をひたすら走っていくと










ストーンヘンジの駐車場にて_b0234690_16492299.jpg
遥か彼方に見えてきた ストーンヘンジと人ごみ
この時は遺跡のすぐそばに駐車場とかビジターセンターがあったが
現在は西へ2.4km離れたところにあって
それがオープンしたのが3013年の12月

私が行ったのがその年の4月だからまだオープンする前ってこと
当日窓口で入場券を買ってその場で中に入れたが
これも現在は時間指定になったそうで
確実にその日に入場したいのなら予約は必須らしい

さらにショップの前からシャトルバスに乗らないと遺跡までたどり着けない
歩きたい人は歩いていけない距離でもないとは思うが
この点は以前と比べると面倒くさいと感じる

でも新しいビジターセンターには家屋が復元されていたり
様々な展示品なども見られるようだ

ストーンヘンジの駐車場にて_b0234690_16501674.jpg
ということで現在はどうなっているかわからない
以前の駐車場のあたり










ストーンヘンジの駐車場にて_b0234690_16500982.jpg
着いて最初に出会ったのが Rook~ミヤマガラス
日本では見たことがなく おそらくこの時が初めてだったかも











ストーンヘンジの駐車場にて_b0234690_16502509.jpg
観光客に激慣れちゃって エサをあげてる人続出












ストーンヘンジの駐車場にて_b0234690_16503316.jpg
もらったエサをくわえて飛んで行ったその先












ストーンヘンジの駐車場にて_b0234690_16504175.jpg
あ~ ナイスポジション でもオッサンにらんでる
わたしゃカラスを撮っているんであって
あなたを撮っているのではありません










ストーンヘンジの駐車場にて_b0234690_16504890.jpg
ほら いっぱいくわえているでしょ



by shidekubo | 2018-04-23 17:58 | イギリス探検 | Trackback | Comments(0)

ソールズベリーの朝

ソールズベリーの朝_b0234690_17352901.jpg
おはようございます と
早朝 ホテルのガーデンに出てみた










ソールズベリーの朝_b0234690_17354513.jpg
カーテンの開いている部屋が私の泊まった部屋
ガーデンをひとり占めで撮影するためには 早く起きないとね











ソールズベリーの朝_b0234690_17355650.jpg
前日 カップルが座っていたテーブル 
どうやらワインを飲んでいたらしい











ソールズベリーの朝_b0234690_17363161.jpg
正面にはソールズベリー大聖堂
この時は4月だったが 夏になったら木の葉っぱが茂って
尖塔しか見えなくなっちゃうかも










ソールズベリーの朝_b0234690_17360882.jpg

昨日 町中へ行く時に渡った Harnham Bridge が見える
最初に建てられたのが1245年 その後1744年に拡張されたのだとか
朝もやがとても美しかった
この川は River Avon
シェイクスピアの故郷 ストラットフォード・アポン・エイボンの
エイボン川とは違う







ソールズベリーの朝_b0234690_17361942.jpg
ホテルの人に聞いたら 
Avon とはウェールズの方の言葉で 
川を意味する言葉から由来しているらしい











ソールズベリーの朝_b0234690_17364117.jpg
ガーデンもラブリー
ところでラブリーと言う言葉は日本人にとっては
”かわいらしい” というイメージが一番強いかもしれないが
イギリス人は何でもラブリーを使う
特にお天気がいい時とか ”It's a lovely day!"
お店で買い物をして 端数の金額をぴったり小銭を出して
払った時も ”Lovely" って言われたことあるし






ソールズベリーの朝_b0234690_17365622.jpg
そんなホテルの外側はこんな感じ
ラブリーな内側とはちょっと対照的かも



by shidekubo | 2018-03-14 08:44 | イギリス探検 | Trackback | Comments(0)

ラブリーな町で

ラブリーな町で_b0234690_10314028.jpg
ラブリーな春の日 きれいなガーデン
ピクニックテーブルに座って景色を眺める男女
川の向こうに見えるのはソールズベリー大聖堂






ラブリーな町で_b0234690_10322374.jpg
木の上にも寄りそうJackdaw~ニシコクマルガラスのペア
ラブリー








ラブリーな町で_b0234690_10320184.jpg
ここは以前イギリス国内を旅行した時に泊まったホテル
窓からソールズベリー大聖堂が見えるのだ!








ラブリーな町で_b0234690_10320995.jpg
まだこの子を落として壊す前
それ以外のことは後で書こうと思いつつ
日本に戻ってきてしまったが





ラブリーな町で_b0234690_10330800.jpg
つい先日 こんなラブリーな町で








ラブリーな町で_b0234690_10330020.jpg
ロシアのもとスパイが毒を盛られて重体なんてニュースを見たら









ラブリーな町で_b0234690_10331827.jpg
急に写真が見たくなったので








ラブリーな町で_b0234690_10332741.jpg
整理もかねてアップしてみようっと



by shidekubo | 2018-03-09 11:18 | イギリス探検 | Trackback | Comments(0)

雪つながりで

雪つながりで_b0234690_11144619.jpg
イギリスであちらのワイルドライフ系ブログを始める前に撮影した写真をアップ






雪つながりで_b0234690_11150597.jpg
わたしが住んでいた地域も 最初の2年くらいは雪は降っても年1~2回とか
その後の数年は 12月~2月の間で
2週間に1度の割合で降ったりする月もあった
やっぱりサイクルでいろいろ



雪つながりで_b0234690_11151139.jpg
まあめったに降らないものだから やはり降るとテンション少し上がる
完全に ”犬はよろこび 庭かけまわる” 派
そして雪が降ると 生き物の足跡が残っていて
何が来たか ってメインはキツネだが それもわかるので
撮影チャンスを狙うってこともあったし128.png




by shidekubo | 2018-01-25 11:32 | ガーデン探検 | Trackback | Comments(0)

虹_b0234690_15514426.jpg
イギリスに住んでいた時は
日本にいた時より頻繁に虹を見た
特に10月は太陽の位置と方角が良く
イイ感じの虹を見れた気がする




虹_b0234690_15515666.jpg
この時はどちらかと言うとお隣の家の方に強く出ていた







虹_b0234690_15520648.jpg
せっかくなのでバードバスに反射する家と虹も撮っておいた



by shidekubo | 2017-11-22 16:06 | ガーデン探検 | Trackback | Comments(0)

Garden Cat

Garden Cat_b0234690_15130565.jpg
先週シネマに行った 帰国以来初めて
”ボブという名の猫” 野良猫を助けたストリート・ミュージシャンの話
イギリスの映画で 日本でもテレビ番組の再現ドラマで話題になっていたらしい
本物のボブも演じているシーンもあるというので何となく観たくなったのだ

私がイギリスでそのことを知った時は
ストリートミュージシャンではなく Big Issue を売っている人として
(日本にもBig Issueの制度があるということは知らなかった)

本屋さんでネコちゃんの表紙を見かけてからツイッターか何かで 
”今日は〇〇駅周辺にいる” とか
一時期フォローしていたけど 結局本物に出会えるチャンスはなかった

Garden Cat_b0234690_15114075.jpg
ボブには出会えなかったが イギリスで住んでいた家のガーデンでは
いろいろなネコちゃんに出会った
これは一番初期の頃の写真 隣の家のネコちゃんかと思ったら
両隣とも ネコちゃんは飼っていなかったのだ



Garden Cat_b0234690_15115688.jpg
ボブと同じ茶トラのネコちゃん ガーデンバードを狙っている
上の写真のも こっちもタグをつけている
ガーデンバードにとっては 特に鈴なんか付けていてくれるとありがたいのだが





Garden Cat_b0234690_15122599.jpg
何年か経つとだんだんタグなし 鈴なしのネコちゃんが増えてきたんだ







Garden Cat_b0234690_15123619.jpg
だからと言って のらネコというわけではない
2軒以上お隣のどこかから 遊びにやってくるのだ

私が住んでいた地域では 
見るからにのらネコといった風貌のネコちゃんは見たことがなかったような
公園などで見かけたネコちゃんは毛並みは良いし 近くに民家はあったし
地理的 気候的にも冬なんか室内にいなかったら凍えちゃうし 
夜はキツネもいるし

ところでボブと原作者のジェームズさんが日本プレミアで来日した時の
ジェームズさんご本人をテレビで見て感じたことは
お顔が以前メディアで見た時よりもだいぶふっくらとされたような・・・・・
きっと安定した生活ができるようになったから いや 何より
ボブさんと出会って幸せ太り???




by shidekubo | 2017-09-09 17:39 | ガーデン探検 | Trackback | Comments(2)